MENU

オーガニックコスメの定義を知ろう!

オーガニックコスメの定義とは?

オーガニックコスメに定義ってあるの!? 結構曖昧なもの?

 

オーガニック認定の機関 が認定してくれるのが海外のオーガニックコスメです。一方日本ではまdそのような機関がなく、各社で独自の無農薬栽培によって 作られているのが特徴です。

 

なので、注意が必要なのはただし、 認定を受けていないものも、各ブランドの独自の判断で「オーガニックコスメ」だと呼ぶことがあるので、 実際に認定を受けているかどうかも製品選びのポイントになります。

 

一般的なオーガニックの定義とは?

オーガニックを直訳すると、「有機の」といった意味になります。
有機栽培で作られた植物を使った製品を、 「オーガニック○○」とそうして呼びます。
有機栽培というのは、化学肥料を使わずに、また遺伝子操作をせずに作る農法です。無農薬で作られた植物を、 単に「オーガニック」ということは出来ますが、それを証明するためには、第三者機関の認定を受けなければなりません。

 

認定基準は各国さまざまに設けられていて、独自の基準値により認定されます。日本の有機野菜認定の基準は、 過去2年間、農薬も化学肥料も使用していない土壌で栽培されていること、 化学合成農薬や化学肥料は使用していないこと、遺伝子組み換え原料は使用していないこと、などの基準があります。

 

 

無添加、自然派、天然由来は、オーガニックではない!?

 

無添加、自然派、天然由来など、オーガニックなイメージはしますが、その中身は違います。

 

  • 無添加化粧品

防腐剤や合成色素、石油系界面活性剤などの人工添加物が含まれていない化粧品のことを指します。

 

  • 自然派、天然由来化粧品

天然の素材を加工して精製しているもののことを指します。つまり、無添加化粧品というのは、人工的な化学物質をほとんど配合していない有機素材の成分が含まれた化粧品。自然派、天然由来成分配合の化粧品というのは、天然成分が含まれた化粧品という意味です。

 

無添加や天然由来と聞けば、化学合成成分がひとつも使われていないイメージがありますが間違いです。これらにも化学合成成分が含まれています。だからと言って、お肌にやさしくないというわけではなく、化学合成成分をなるべく抑えた化粧品です。

 

いくらオーガニックといっても、天然素材と肌の相性が悪ければ肌トラブルに!

 

オーガニックが自然のものでいくら人によっていいといっても素材自体との相性が悪ければ、肌トラブルを招いてしまいます。
もし、市販の化粧品はどれも肌になじまない・・・といった悩みを持つ人は、オーダーメイド化粧品を買うという選択肢もあります。オーダーメイドの化粧品は市販のものよりも高値ですが、ユーザーの肌質に合わせて化粧品の成分を配合してもらえるので、スキンケアには最適であると言えます。特に敏感肌の症状が重い方やアレルギーの方には、自分にとって危険な成分を入れずに調合してもらえるので、安心して利用できるという利点がりますので、参考にしていただけるといいでしょう。

このページの先頭へ