MENU

なぜ!?敏感肌にオーガニックがオススメな理由

敏感肌の方が悩むのがまず保湿ではないでしょうか!? 最初は保湿成分の入った化粧品を使用して効果を実感しても「効果はその時だけ、乾燥肌や敏感肌もどんどん悪化している・・・」と感じていませんか?

 

実はそんな肌悩みの原因は、「今使っている化粧品そのものある」にということも考えてみましょう。。

 

そんな乾燥肌や敏感肌の肌悩みをオーガニックコスメで根本から解決するためのポイントをいくつか

  1. ケミカルコスメが肌に及ぼす影響
  2. オーガニックコスメが乾燥肌や敏感肌を改善できる理由
  3. 本物のオーガニック化粧品の見極め方

解説します。

 

 

この悩ましい敏感肌は改善しないの!? 選ぶ化粧品が間違っているの!?

 

乾燥肌や敏感肌を改善するために最も重要なことは、

 

「肌に刺激を与えないこと」「肌本来の機能を回復させること」です。

 

ところが、実は値段相応なケミカル化粧品を使っても、たった2つの乾燥肌・敏感肌を解決するためには決定的な欠点があるのです。
なぜかというと、ケミカル化粧品には、一時的に症状を抑える効果はあるのですが、これは見せかけだけで、改善されたわけではないからです。
それともう一つ、どんな化粧品でも、肌に刺激を与えてしまう化学成分が含まれているからです。

 

しかも、対処療法のケミカルコスメを使い続ければ、肌は自分の力を出す必要がなくなってしまうため、肌の力を弱めてしまうのです。生物の進化の過程と同じような現象ですね。必要ないものは無くしていく...。

 

一方で、これとまったく逆の「根本療法」を目指すのが「オーガニックコスメ」です。
化学成分による刺激がなく、即効性はないけれど、自然の力で肌本来の機能を回復することができる
このように、オーガニックコスメは敏感な肌悩みを肌自身の力で解決させるように働きかけてくれるのです。

 

 

ケミカル化粧品は、化学物質を使って作るため、同じクオリティの製品を大量に作ることができりのが特徴です。

 

一方、オーガニック製品は、自然由来のものから作るため、香りもテクスチャーも原料によっても違ってきます。また、原料となる植物は同じ種類でも、気候や土壌の環境などによって、成分や効能が違うのも大きな特徴の一つでしょう。

 

ローズマリ・カンファー(フランス産)

カンファーという成分を多く含んでいる。筋肉痛や関節痛、やる気を向上する効果がある一方、カンファーの毒性が強いため、乳幼児、妊婦さんは注意が必要。

 

ローズマリー・ベルベノン(コルシカ産)

肝機能の向上、エイジングケアに効果的。濃度によっては肌に刺激が強いことがある。

 

ローズマリー・シネオール(モロッコ産)

不安を取り除く、疲労回復、ニキビケアなどに効果がある。ローズマリーの中では、使いやすく安心して使える。濃度が高すぎるものは、肌に刺激がある。

 

同じローズマリーでも、これだけ効能が違えば、合う合わないがあることは当然ですし、自分に合わない化粧品を我慢して使い続けるのは、合わないケミカル化粧品を使い続けるのと同じで、肌の負担にになります。

 

 

オーガニックコスメを選ぶ時は、試せるものはきちんと試して、自分にぴったり合うコスメを根気よくさがしていくのも必要な事になります。


このページの先頭へ